大王烏賊(読み)ダイオウイカ

デジタル大辞泉の解説

だいおう‐いか〔ダイワウ‐〕【大王烏賊】

ダイオウイカ科の頭足類。最大のイカで胴長約1.6メートル、全長約6メートル。日本近海の深海にすむ。タイセイヨウダイオウイカは全長約16メートルになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

大王烏賊

ダイオウイカ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

だいおういか【大王烏賊】

イカの一種。巨大な種で、胴長1.8メートル、触腕を含めた全長は6メートルを超えることがある。日本近海の深海にすむ。北大西洋にすむ同属のイカには全長15メートルを超えるものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいおう‐いか ダイワウ‥【大王烏賊】

〘名〙 ダイオウイカ科の巨大なイカ。日本近海の深海にすむ。胴長約一・六メートル、触腕を伸ばすと六メートルを超えるものもある。胴は長紡錘形で、ひれ卵形、腕は細長い。マッコウクジラの餌となり、台風などで海岸に打ち上げられることもある。北太平洋・北大西洋に約一〇種知られ、最大種では体長約一五メートルに達する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大王烏賊の関連情報