コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大甫七重郎 おおうら しちじゅうろう

2件 の用語解説(大甫七重郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大甫七重郎 おおうら-しちじゅうろう

?-? 江戸時代前期の漁師。
元和(げんな)(1615-24)のころ,紀伊(きい)加太浦(和歌山県)より上総(かずさ)矢の浦(千葉県勝浦市)に進出し,八手(はちだ)網によるいわし漁をはじめた。これより房総各地にいわし漁がひろまった。名は七十郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大甫七重郎

生年:生没年不詳
江戸前期,紀州加田浦(和歌山市)出身の漁民。七十郎とも。薩摩や伊豆などに出漁して各地で漁場を開発した。元和年中(1615~24)に上総国矢の浦(勝浦市)に進出して網漁を試み,紀州漁民による房総地方への集団的出漁の先駆となった。『みよはなし』によれば,矢の浦に居住した七重郎の連絡により,その翌年に,岩和田(御宿町)などに出漁した紀州湯浅の貝柄助右衛門と栖原のほんぼう四平次らと共に,関東地方での八手網(敷網類)による鰯漁を開始したという。漁法は房総各地に伝播し,明治時代まで盛んに行われた。<参考文献>仁井田助左衛門道貫「みよはなし」(宇野脩平著『紀州加太の史料』1巻),羽原又吉『日本漁業経済史』中巻2

(小島孝夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大甫七重郎の関連キーワード紀州犬和歌山市和歌山県立医科大学和歌山大学JR紀勢線加田屋助右衛門北島七兵衛志賀法立正紀州灘時代盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone