コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産経新聞 さんけいしんぶん

7件 の用語解説(産経新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産経新聞
さんけいしんぶん

産業経済新聞社が発行する全国紙。その前身は前田久吉が 1933年に大阪で創刊した『日本工業新聞』。 41年,第2次世界大戦下の新聞統合令で愛知県以西の産業経済関係の新聞社 33社を吸収合併し,翌年『産業経済新聞』と改題。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんけい‐しんぶん【産経新聞】

産業経済新聞社が発行する日刊全国紙。同社の本社は東京都千代田区大手町にある。昭和8年(1933)大阪で創刊の「日本工業新聞」が各紙との合併を繰り返し、昭和30年(1955)には「時事新報」を吸収。昭和34年(1959)に東京・大阪の題号を現紙名に統合。この頃から保守的論調を強めた。朝刊販売部数は約160万部(2015年下期平均)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

産経新聞【さんけいしんぶん】

産経新聞社発行の日刊紙。1933年大阪で創刊した《日本工業新聞》が起源で,1941年愛知県以西の33業界紙を統合,1942年《産業経済新聞》と改題した。1950年東京進出とともに一般紙に転向。
→関連項目俵萌子フジテレビジョン[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

産経新聞

株式会社産業経済新聞社が発行する新聞。全国で販売される日刊紙。1942年創刊。前身は日本工業新聞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんけいしんぶん【産経新聞】

産経新聞社発行の日刊紙。1933年6月,前田久吉が大阪で創刊した《日本工業新聞》が前身。42年10月,戦時期の新聞統合政策により愛知以西の業界紙を吸収し《産業経済新聞》となった。50年3月東京でも発行を開始し,同時に経済紙から一般紙となった。統制外用紙を用いた増ページ策や51年の専売店設置敢行(戦時期以来共販制が行われていた)など既存紙の間隙をついた拡張販売政策で東京進出に成功し,全国紙としての地歩を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんけいしんぶん【産経新聞】

日刊新聞の一。1933年(昭和8)大阪で創刊された「日本工業新聞」が前身。42年「産業経済新聞」に改題。50年から東京でも発行し経済紙から一般紙に転身。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産経新聞
さんけいしんぶん

産業経済新聞社(本社東京・大阪)から発行されている全国紙。「モノをいうシンブン」を標榜(ひょうぼう)して、日本でもっとも保守的な全国紙として知られる。前身は1933年(昭和8)6月、前田久吉(ひさきち)(1893―1979)が大阪で創刊した『日本工業新聞』。第二次世界大戦中の新聞統合により、1941年6月、愛知県以西の産業経済関係の新聞社33社を吸収合併、1942年11月、題号を『産業経済新聞』と変更した。戦後の1950年(昭和25)3月、東京でも印刷・発行を開始。紙面を経済紙から一般紙に切り替えた。1955年11月、福沢諭吉創刊の由緒ある『時事新報』と合同、東京発行紙を『産経時事』としたが、1958年7月には、東西発行紙の題号を『産経新聞』に統一、名実ともに全国紙となった。同年10月、創立者前田が退任、財界から水野成夫(しげお)が社長に就任し、科学的管理方針を掲げ、労使間に平和協定を結び、編集・事務部門の機械化・合理化を進めるとともに、1962年いち早くコンピュータを導入するなど、新聞界の注目を集めた。1963年以来ラジオ、テレビと提携、立体報道の強化を進め、1967年12月には、フジテレビ、文化放送、ニッポン放送とともに「フジサンケイグループ」を結成した。
 1968年10月、鹿内信隆(しかないのぶたか)(1911―1990)が社長に就任、経営の刷新、技術の革新を進めるとともに、1969年2月、サラリーマン向けの新聞『夕刊フジ』を東京で創刊した。同年5月には本紙の題号を『サンケイ』と改題。論壇「正論」の創設、意見広告の開放を断行するなど紙面の充実を図った。また1970年6月、創刊1万号を迎えたのを機に「民主主義と自由のためにたたかう」など4項目の「サンケイ信条」を制定。1976年以降、紙面の正論路線、生活情報路線を決め、「総合編集」体制の強化を図っている。1988年から『産経新聞』の題号を使用している。2004年に大阪新聞社を吸収合併。発行部数は、朝刊が東京・大阪両本社をあわせて約163万3200部、夕刊が大阪本社のみで約53万7000部(2010)。[高須正郎・伊藤高史]
『前田久吉著『日日これ勝負』(1953・創元社) ▽楠田実編著『産経新聞政治部秘史』(2001・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産経新聞の関連キーワード全国紙日本経済新聞日刊紙産経新聞 それゆけ!大阪ラーメン電経新聞日刊自動車新聞日刊富良野日刊木材新聞夕刊フジ福井新聞社

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産経新聞の関連情報