コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田原晴清 おおたわら はるきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田原晴清 おおたわら-はるきよ

1567-1631 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)10年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)大田原城主大田原綱清の子。豊臣秀吉,のち徳川家康につかえ,慶長7年4500石の加増により大田原藩主大田原家初代となる。1万2400石。駿府(すんぷ)城番,大坂城番をつとめた。寛永8年2月5日死去。65歳。幼名は左兵衛,のち右兵衛尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大田原晴清の言及

【下野国】より

…旧国名。野州。現在の栃木県。
【古代】
 東山道に属する上国(《延喜式》。ただし例損すなわち国内の荒廃田が10分の3以下のときは大国なみの扱いをうけた)。大化前代は大別すると,那須国造,下毛野国造に代表される二つの政治的・文化的地域に分かれていた。下毛野は渡良瀬川をはさんで西側の上毛野とともに毛野(けぬ)としての独自の文化圏を形成していた。大化改新以後,評(こおり)の設置が進行していく過程で那須が評(郡)として位置づけられた(那須国造碑)。…

※「大田原晴清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大田原晴清の関連キーワード大田原政清

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android