左兵衛(読み)さひょうえ

精選版 日本国語大辞典「左兵衛」の解説

さ‐ひょうえ ‥ヒャウヱ【左兵衛】

〘名〙
② 左兵衛府に属する兵衛。兵衛は郡司の子弟、あるいは六位以下八位以上の者の嫡子中から強健で弓馬に長じた者を国内の三分の二の郡から采女と重複しないように選ぶ(軍防令兵衛条)。左右兵衛府に各四〇〇人所属する。
※令義解(718)職員「左兵衛府〈右兵衛府准此〉督一人。〈掌挍兵衛。分配閤門。以時巡撿。車駕出入分衛前後。及左兵衛名帳。門籍事〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android