コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城番 じょうばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城番
じょうばん

江戸時代,武家職制の一つ。番手衆在番衆とも呼ばれ,戦国時代以降,城代のもとにあって城の門櫓を警衛した。一定期間勤める定番と,人数不足を補う加番とがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ばん〔ジヤウ‐〕【城番】

城郭守衛のために置く兵士。番手衆。在番衆。
江戸幕府の職名。大坂城駿府城において、城代の下で城を守った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうばん【城番】

戦国時代以降,城代をたすけて城の門櫓などを守衛するもの。番手衆,在番衆ともいう。江戸幕府が二条城に置いた城番は,はじめ門番頭と呼ばれている。幕府はほかに大坂,駿府,伏見,甲府に城番を置いた。城番は城により人数に多少があり,臨時の砦などには城代を置かず,城番のみ配置されることもあった。一定期間交替せず警備に当たる城番を〈定番(じようばん)〉,城番が不足のときそれをたすけるものを〈加番(かばん)〉といった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうばん【城番】

城の警固にあたる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の城番の言及

【大坂定番】より

…江戸幕府の職名。城番ともいう。老中支配,京橋口,玉造口各定番1名。…

※「城番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

城番の関連キーワード三重県松阪市殿町高木甚左衛門石川甚四郎一国一城令久留島通嘉番方・役方大田原晴清佐久間勝之小笠原長円大田原友清蜂須賀忠英島津義弘山口弘隆三牧謙蔵山岡景以北条氏治松平一生伊丹康勝富田景周高木広正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城番の関連情報