コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大田報助 おおた ほうすけ

1件 の用語解説(大田報助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大田報助 おおた-ほうすけ

1835-1920 幕末-明治時代の歴史家。
天保(てんぽう)6年生まれ。周防(すおう)(山口県)吉敷(よしき)毛利家の臣。豊後(ぶんご)(大分県)日田の咸宜(かんぎ)園でまなび,郷校憲章館の学頭となる。維新後京都府などにつとめ,明治27年毛利家編輯(へんしゅう)所にはいり「毛利十一代史」の編修にあたった。大正9年5月27日死去。86歳。字(あざな)は子介。号は幽石。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大田報助の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽ブラントライマンフランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone