コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石瀬左衛門 おおいし せざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石瀬左衛門 おおいし-せざえもん

1677-1703 江戸時代前期の武士。
延宝5年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士ひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえ馬廻役をつとめる。大石良雄らと東軍流剣術を奥村重旧(しげひさ)にまなぶ。長矩自刃(じじん)の際は原惣右衛門とともに江戸から赤穂に急告。吉良邸討ち入り後は肥後熊本藩細川家にあずけられ,元禄(げんろく)16年2月4日切腹。27歳。名は信清。変名は小田権六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大石瀬左衛門の関連キーワードフルカラー浪化フック小野寺十内アルンシュタット竹本座津波地震非正規社員の比率パキスタン洪水王鑑

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone