コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石瀬左衛門 おおいし せざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石瀬左衛門 おおいし-せざえもん

1677-1703 江戸時代前期の武士。
延宝5年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえ馬廻役をつとめる。大石良雄らと東軍流剣術を奥村重旧(しげひさ)にまなぶ。長矩自刃(じじん)の際は原惣右衛門とともに江戸から赤穂に急告。吉良邸討ち入り後は肥後熊本藩細川家にあずけられ,元禄(げんろく)16年2月4日切腹。27歳。名は信清。変名は小田権六。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大石瀬左衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧大石無人赤穂義士

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android