コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原惣右衛門 はら そうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原惣右衛門 はら-そうえもん

1648-1703 江戸時代前期の武士。
慶安元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。足軽頭。藩主浅野長矩(ながのり)の切腹処分を江戸からの第2陣使者として国元赤穂にはせ知らせる。大石良雄の補佐役をつとめ,仇討ちをはたした。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。56歳。名は元辰(もととき)。変名は和田元真,前田善蔵。
【格言など】かねてより君と母とに知らせんと人より急ぐ死出の山路(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原惣右衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)岡島八十右衛門赤穂浪士一覧大石瀬左衛門小野寺十内赤穂義士原元辰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android