コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原惣右衛門 はら そうえもん

1件 の用語解説(原惣右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原惣右衛門 はら-そうえもん

1648-1703 江戸時代前期の武士。
慶安元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。足軽頭。藩主浅野長矩(ながのり)の切腹処分を江戸からの第2陣使者として国元赤穂にはせ知らせる。大石良雄の補佐役をつとめ,仇討ちをはたした。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。56歳。名は元辰(もととき)。変名は和田元真,前田善蔵。
【格言など】かねてより君と母とに知らせんと人より急ぐ死出の山路(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原惣右衛門の関連キーワードフロンドの乱小野寺十内竹本座八橋検校バッハ家亮貞甘縄藩ルナンル・ナン[兄弟]シケイラ・デ・ソウザ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原惣右衛門の関連情報