大破(読み)たいは

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐は【大破】

〘名〙
① 物がひどくこわれること。また、物をひどくこわすこと。⇔小破
※御成敗式目(1232)一条「兼又至有封社者、任代々符小破之時且加修理、若及大破、言上子細、随于其左右其沙汰矣」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「当社御覧のとをり大破(タイハ)につきまして」
② 転じて、定まった状態やきまりが乱れること。
※実隆公記‐永正五年(1508)四月一四日「世間之儀大略可及大破歟」
③ 相手を大いに打ち破ること。また、相手に大いに打ち破られること。〔史記‐范雎伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐は【大破】

[名](スル)
物がひどくこわれること。また、ひどくこわすこと。「事故で車体が大破する」→中破小破
相手をひどく打ち負かすこと。「エースを欠いた相手チームを大破する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android