コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大穂能一 おおほ のういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大穂能一 おおほ-のういち

1819-1871 幕末の和算家。
文政2年生まれ。岩崎一郎にまなび,師の紹介で久間修文(ひさぶみ)の門下となる。のち長谷川弘(ひろむ)にも師事。天文暦学,測量製図にもすぐれ,福岡藩の鉄砲製造,台場築造に参加した。明治4年9月21日死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。幼名は徳太郎。通称は徳次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大穂能一の関連キーワード廃藩置県おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本