コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大穂能一 おおほ のういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大穂能一 おおほ-のういち

1819-1871 幕末の和算家。
文政2年生まれ。岩崎一郎にまなび,師の紹介で久間修文(ひさぶみ)の門下となる。のち長谷川弘(ひろむ)にも師事。天文暦学,測量製図にもすぐれ,福岡藩の鉄砲製造,台場築造に参加した。明治4年9月21日死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。幼名は徳太郎。通称は徳次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大穂能一の関連キーワード和算家

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android