コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大穂能一 おおほ のういち

1件 の用語解説(大穂能一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大穂能一 おおほ-のういち

1819-1871 幕末の和算家。
文政2年生まれ。岩崎一郎にまなび,師の紹介で久間修文(ひさぶみ)の門下となる。のち長谷川弘(ひろむ)にも師事。天文暦学,測量製図にもすぐれ,福岡藩の鉄砲製造,台場築造に参加した。明治4年9月21日死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。幼名は徳太郎。通称は徳次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大穂能一の関連キーワード和算家新井玩三梅村玄甫及川英春大村小兵衛纐纈ハル斎藤宜義千葉六郎永井徳資山田正重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone