コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大竹しのぶ おおたけ しのぶ

2件 の用語解説(大竹しのぶの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大竹しのぶ おおたけ-しのぶ

1957- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和32年7月17日生まれ。50年映画「青春の門」の織江役でデビュー。同年NHKテレビ小説「水色の時」の主役にえらばれる。その後映画「事件」「あゝ野麦峠」などに主演,ブルーリボン賞,芸術選奨新人賞を受賞。また舞台「奇跡の人」,テレビ「男女7人夏物語」など幅ひろく活躍。平成15年朝日舞台芸術賞,読売演劇大賞。17年舞台「太鼓たたいて笛ふいて」などで芸術選奨。24年「大人は、かく戦えり」「ピアフ」で読売演劇大賞最優秀女優賞,同年「一枚のハガキ」で日本映画批評家大賞主演女優賞。昭和63年タレントの明石家さんまと結婚,1女をもうけたが平成4年離婚。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

大竹 しのぶ


芸名
大竹 しのぶ

性別
女性

生年月日
1957/07/17

干支
酉年

血液型
A

出身地
東京都

身長
158cm

デビュー年
1974

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1974年に映画『青春の門 筑豊編』ヒロイン役でデビュー。その鮮烈さは天性の演技力と称賛され、同年、NHK『朝の連続ドラマ小説「水色の時」』に出演し、国民的ヒロインとなる。以降、気鋭の舞台演出家、映画監督の作品には欠かせない女優として圧倒的な存在感は常に注目を集め、映画・舞台・TVドラマ・音楽等ジャンルにとらわれず才能を発揮し、話題作に相次いで出演。作品毎に未知を楽しむ豊かな表現力は、主要な演劇賞を数々受賞して評価されると共に、世代を超えて支持され続けている名実ともに日本を代表する女優。

デビュー作
映画『青春の門~筑豊編』ヒロイン役

代表作品
映画『鉄道員(ぽっぽや)』 / 映画『ダーリンは外国人』(2010) / 映画『借りぐらしのアリエッティ』(声・ホミリー役)(2010)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大竹しのぶの関連キーワード一橋慶喜苔忍忍草立忍釣忍大竹港広島県大竹市大竹町大竹武田義信田中芳信堀井好信

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大竹しのぶの関連情報