大笑(読み)タイショウ

  • おおわらい おほわらひ
  • たいしょう ‥セウ
  • たいしょう〔セウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)大いに笑うこと。大声で笑うこと。おおわらい。「大笑一番」「呵呵(かか)大笑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 声高く笑うこと。
※玉塵抄(1563)三八「輾然は大わらいしたことなり」
② (形動) ひどく人の物笑いになるさま。また、たいへんな物笑いのたね。おおわらわれ。
※評判記・岡目八目(1782)立役之部「かたなの中に杖がしこんであるとは、大笑だ」
③ 性に関するみだらな話。猥談(わいだん)
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「後家つねなき大笑ひして、彼牢人をなぶり」
〘名〙 大いに笑うこと。大声で笑うこと。おおわらい。
※上井覚兼日記‐天正一二年(1584)七月四日「玉宝唐人御酒持来候。酌共申候て戯候。大笑大笑」
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉寝覚め「彼は遂に自ら大笑(タイセウ)一番して」 〔史記‐淮陰侯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

大笑の関連情報