大般若腹満(読み)だいはんにゃ はらみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大般若腹満 だいはんにゃ-はらみつ

1776-1832 江戸時代後期の狂歌師。
安永5年生まれ。宿屋飯盛(やどやの-めしもり)(石川雅望)にまなび,五側の判者をつとめる。また江戸日本橋茅場町で書道をおしえた。天保(てんぽう)3年8月17日死去。57歳。姓は蔵形。名は東秀。字(あざな)は恒山。通称は浅島壮太夫,吉兵衛。別号に悟智窓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android