恒山(読み)こうざん

日本大百科全書(ニッポニカ)「恒山」の解説

恒山
こうざん / ホンシャン

中国、山西(さんせい/シャンシー)省北部、太行(たいこう/タイハン)山脈から南西に延びる支脈の一つ。元(げん)岳、常(じょう)山、太恒(たいこう)山などともいう。東は河北(かほく/ホーペイ)・山西省界から、西は山西省中部へ続く。滹沱河(こだが/フートゥオホー)の谷を隔てて南には五台山(ごだいさん/ウータイシャン)がそびえる。主峰(玄武峰)は標高2017メートル。その南に続く尾根には万里の長城が走り、その間にある雁門関(がんもんかん)は古くから交通の要衝である。古代の伝説によると、舜(しゅん)帝が全国を巡回したとき、この山の雄大さに打たれたという。15世紀末から河北省曲陽県の恒山にかわって、五岳(ごがく)の一つ北岳(ほくがく)とされるようになった。山上には多くの名勝があり、山下の断崖(だんがい)には北魏(ほくぎ)時代に起源をもつ懸空(けんくう)寺がある。

[秋山元秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「恒山」の解説

こう‐ざん【恒山】

中国、山西省北部の山。標高2017メートル。五岳うちの北岳。15世紀末までは河北省の恒山を北岳にあてた。ホン‐シャン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「恒山」の解説

恒山 (クサギ・ヤマウツギ)

学名Clerodendron trichotomum
植物。クマツズラ科の落葉低木・小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典「恒山」の解説

こう‐ざん【恒山】

中国五岳(ごがく)の一つ。山西省渾源県の東にある山。大茂山。常山。北岳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「恒山」の解説

こうざん【恒山 Héng shān】

中国,山西省の北東部にある山脈で,北東~南西の走向を示し,西は管涔(かんしん)山に接し,東は河北省境付近に達し,150kmにわたって連なり,桑乾(そうかん)河と滹沱(こだ)河の分水嶺をなす。主峰玄武峯(2017m)は渾源(こんげん)県の南東にあり,《水経注》では玄岳と呼ばれ,明代から中国五岳の一つの北岳恒山にあたるとされたが,〈禹貢〉以来明代まで北岳恒山として祭祀が行われたのは,河北省曲陽県北西の山西省境にある大茂山で,清代になって玄武峯で北岳をまつるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android