コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒山 こうざん

5件 の用語解説(恒山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒山
こうざん

「ホン (恒) 山」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐ざん【恒山】

中国、山西省北部の山。標高2017メートル五岳のうちの北岳。15世紀末までは河北省の恒山を北岳にあてた。ホン‐シャン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうざん【恒山 Héng shān】

中国,山西省の北東部にある山脈で,北東~南西の走向を示し,西は管涔(かんしん)山に接し,東は河北省境付近に達し,150kmにわたって連なり,桑乾(そうかん)河と滹沱(こだ)河の分水嶺をなす。主峰玄武峯(2017m)は渾源(こんげん)県の南東にあり,《水経注》では玄岳と呼ばれ,明代から中国五岳の一つの北岳恒山にあたるとされたが,〈禹貢〉以来明代まで北岳恒山として祭祀が行われたのは,河北省曲陽県北西の山西省境にある大茂山で,清代になって玄武峯で北岳をまつるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうざん【恒山】

中国、山西省北部の山。五岳の一。北岳。古くは河北省定県北西の大茂山をさした。ホン-シャン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒山
こうざん / ホンシャン

中国、山西(さんせい/シャンシー)省北部、太行(たいこう/タイハン)山脈から南西に延びる支脈の一つ。元(げん)岳、常(じょう)山、太恒(たいこう)山などともいう。東は河北(かほく/ホーペイ)・山西省界から、西は山西省中部へ続く。沱河(こだが/フートゥオホー)の谷を隔てて南には五台山(ごだいさん/ウータイシャン)がそびえる。主峰(玄武峰)は標高2017メートル。その南に続く尾根には万里の長城が走り、その間にある雁門関(がんもんかん)は古くから交通の要衝である。古代の伝説によると、舜(しゅん)帝が全国を巡回したとき、この山の雄大さに打たれたという。15世紀末から河北省曲陽県の恒山にかわって、五岳(ごがく)の一つ北岳(ほくがく)とされるようになった。山上には多くの名勝があり、山下の断崖(だんがい)には北魏(ほくぎ)時代に起源をもつ懸空(けんくう)寺がある。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒山の関連キーワードセントラル山脈山西首陽山清涼山太原プナンジャカン山アルトゥン[山脈]山西[省]武夷山脈呂梁山脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒山の関連情報