コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大草晩翠 おおくさ ばんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大草晩翠 おおくさ-ばんすい

1804*-1873 江戸時代後期の砲術家。
享和3年11月21日生まれ。19歳で肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主小笠原長昌につかえる。のち甲斐(かい)(山梨県)で求玄流砲術をおさめ,帰藩後実用館を創設し,藩士を指導。さらに私塾時習堂をひらいた。明治6年8月16日死去。71歳。名は政徳。通称は銃兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大草晩翠の関連キーワード文化サッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)奈破崙ナポレオン大不況

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android