コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大草高重 おおくさ たかしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大草高重 おおくさ-たかしげ

1835-1892 明治時代の開拓者。
天保(てんぽう)6年7月23日生まれ。もと幕臣。のち駿河(するが)府中(静岡)藩士となり,明治2年遠江(とおとうみ)(静岡県)金谷開墾方の頭並として牧ノ原へ入植。約1400haを茶園として開墾し,牧ノ原茶業の基礎をきずいた。明治25年4月10日死去。58歳。江戸出身。本姓は和田。通称は多喜次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大草高重の関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)セントルイス・カージナルスマッケリーフランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソン

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大草高重の関連情報