コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵九郎能氏 おおくら・くろうよしうじ

1件 の用語解説(大蔵九郎能氏の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵九郎能氏

没年:享禄3?(1530)
生年:永享12?(1440)
室町中期の大鼓役者。もともとは金春座付きの大鼓方であったが,のちに観世座に移籍させられ,6世観世大夫元広(のち道賢)のときに活躍する。観世信光の弟子と伝えられ(『四座役者目録』),信光から能氏に相伝された旨を記す伝書も現存する。囃子方の最高の名誉である浅葱の調べ緒を許されるほどの名手で,自身も弟子に幾つか伝書を書き与えている。大鼓方は他流も能氏の弟子筋から分かれていることを考えると,大鼓全体の祖とも呼ぶべき人物である。

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蔵九郎能氏の関連キーワード秋庭元重御座付き金春座春藤流金春大蔵政信大蔵能氏金春権守金春重家宮増親賢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone