コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵九郎能氏 おおくら・くろうよしうじ

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵九郎能氏

没年:享禄3?(1530)
生年:永享12?(1440)
室町中期の大鼓役者。もともとは金春座付きの大鼓方であったが,のちに観世座に移籍させられ,6世観世大夫元広(のち道賢)のときに活躍する。観世信光弟子と伝えられ(『四座役者目録』),信光から能氏に相伝された旨を記す伝書も現存する。囃子方の最高の名誉である浅葱の調べ緒を許されるほどの名手で,自身も弟子に幾つか伝書を書き与えている。大鼓方は他流も能氏の弟子筋から分かれていることを考えると,大鼓全体の祖とも呼ぶべき人物である。

(石井倫子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大蔵九郎能氏の関連キーワードシャンソン(フランス中世多声歌曲)バビロニアバーブル狩野正信アンドレア・デル・サルトバーブルマルガレーテ・フォン・エステルライヒティンダル(William Tyndale)動脈管開存症パラケルスス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android