コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵弥太郎 おおくら やたろう

3件 の用語解説(大蔵弥太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大蔵弥太郎

狂言師。大蔵流二十四代宗家。明治45年(1912)京都生。名は吉二。茂山弥五郎の次男。父に師事し、昭和16年(1941)絶えていた大蔵流宗家を継ぎ、弥太郎を襲名。東京で活躍する。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大蔵弥太郎
おおくらやたろう

狂言の大蔵流宗家弥右衛門の前名として襲名される名。 22世弥太郎虎年 (1841~81) は 21世大蔵弥右衛門虎武の子として生まれ,嘉永2 (1849) 年,9歳で家督を相続し,江戸幕府の御能御用を務めたが,明治維新で奈良へ退き,維新後の混乱期に大蔵流の格を守ろうと努め,曲目の整備などをした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蔵弥太郎の関連キーワード大蔵虎武大蔵流和泉流宗家大蔵虎清大蔵虎年大蔵虎寛大蔵虎光大蔵弥右衛門国家弥右衛門金春四郎次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone