善竹弥五郎(読み)ぜんちくやごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善竹弥五郎
ぜんちくやごろう

[生]1883.10.4. 京都
[没]1965.12.17. 神戸
狂言師。大蔵流。本名茂山久治。旧淀藩士の家に生まれる。2歳のとき,母が2世茂山忠三郎良豊と再婚して,長男として入籍,指導を受ける。 1888年『靫猿』で初舞台。 1923年阪神楽会の創立に参加,1927年より大阪朝日会館能楽会を始める。 1941年金春流家元,金春光太郎 (金春八条) より弥五郎の名を,1963年金春信高より善竹の姓を贈られた。 1953年日本芸術院賞受賞。 1964年重要無形文化財保持者 (人間国宝) に認定。『鎌腹』『右近左近 (おこさこ) 』『木六駄』『鈍太郎』など写実芸を得意とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんちく‐やごろう〔‐やゴラウ〕【善竹弥五郎】

[1883~1965]狂言師。大蔵流。京都の生まれ。本名、茂山久治。前名、茂山弥五郎。昭和38年(1963)シテ方金春流(こんぱるりゅう)家元から善竹の姓を贈られて改姓人間味のあふれた世話物風の狂言で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

善竹弥五郎【ぜんちくやごろう】

能楽師。大蔵流狂言方。古雅芸風をうたわれた3世茂山忠三郎〔1895-1959〕の同母兄。心理描写と劇的表現にすぐれた。晩年に忠一郎,玄三郎ら一家をあげて茂山から善竹と改姓した。1964年人間国宝。大蔵流24世宗家大蔵弥右衛門〔1912-2004〕は弥五郎の次男。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善竹弥五郎 ぜんちく-やごろう

1883-1965 明治-昭和時代の能楽師狂言方。
明治16年10月4日生まれ。大蔵流。2代茂山(しげやま)忠三郎の養子。明治21年初舞台。大正12年阪神能楽会創立に参加。写実的芸風を完成させる。昭和29年「釣狐」で芸術院賞。38年金春(こんぱる)宗家から善竹姓をおくられた。39年人間国宝。昭和40年12月17日死去。82歳。京都出身。本名は茂山久治(きゅうじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんちくやごろう【善竹弥五郎】

1883‐1965(明治16‐昭和40)
大蔵流狂言方。淀藩士剣持氏の息として京都に生まれたが,2歳のとき,母が2世茂山(しげやま)忠三郎良豊と再婚したので,良豊の長男として入籍。養父の薫陶を受け,忠三郎家の分家として一家を成す。1941年,次男吉次郎が大蔵宗家へ入り24世家元大蔵弥太郎を名のったので,以後数年は家元後見役を務めた。強靱な基礎の上に独自のくふうと解釈を加味し,関西風の庶民的・写実的芸風を完成,晩年は技量を広く認められ,狂言界の長老として重きをなした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんちくやごろう【善竹弥五郎】

1883~1965) 能楽師。狂言方大蔵流。初名、茂山久治。京都生まれ。関西風の庶民的な芸風を完成した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善竹弥五郎
ぜんちくやごろう
(1883―1965)

大蔵流狂言師。本名茂山久治(しげやまきゅうじ)。2歳のとき、母が狂言師2世茂山忠三郎良豊(よしとよ)と再婚し、入籍。1888年(明治21)『靭猿(うつぼざる)』の猿で初舞台。忠三郎家の分家としておもに阪神地区で活動し、骨太の写実的な演技で独自の境地を開き、『鎌腹(かまばら)』『右近左近(おこさこ)』『茫々頭(ぼうぼうがしら)』などの曲を得意とした。芸風は、もっぱら弥五郎の個性と創意工夫により醸成されたもので、江戸式楽の名残(なごり)をとどめない世話物的な人間くさい狂言で高く評価された。晩年、芸術院賞、朝日文化賞、重要無形文化財各個指定(人間国宝)などを次々と受け、3世山本東次郎(とうじろう)、6世野村万蔵(まんぞう)らとともに狂言ブームの一翼を担った。次男吉次郎が大蔵家へ入り、24世宗家大蔵弥太郎となったほか、嗣子(しし)忠一郎、三男玄三郎、四男幸四郎、五男圭五郎(けいごろう)のすべてが狂言師として活躍。1963年(昭和38)弥五郎が金春(こんぱる)宗家から善竹姓を贈られたのを機に、弥五郎家はそれまでの茂山から善竹に改姓した。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android