コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西椿年 おおにし ちんねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西椿年 おおにし-ちんねん

1792-1851 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。江戸の人。幕府の浅草御米蔵の役人。渡辺南岳にまなび,のち谷文晁(ぶんちょう)の影響をうけて,山水・人物・花鳥画をえがいた。代表作に東京浅草寺の「神馬(しんめ)図」など。嘉永(かえい)4年11月6日死去。60歳。字(あざな)は大寿。通称は行之助。別号に運霞堂,楚南,霞翁。著作に「楚南画譜」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大西椿年

没年:嘉永4.11.6(1851.11.28)
生年寛政4(1792)
江戸後期の画家。字は大寿,号は楚南,別号は運霞堂,霞翁など。通称行之助。江戸に生まれる。幕府米蔵を管理する役人で,浅草蔵前に住んでいた。文化6(1809)年江戸にきた京都の画家渡辺南岳について円山派の画法を学ぶ。のちに谷文晁を慕い,諸派の画法を独習した。江戸における数少ない円山派の画家として活躍し,特に亀の画に人気があった。弟子に明治の洋画家川上冬崖がいる。60歳で没し,江戸浅草の金剛院に葬られた。著書に『楚南画譜』(1834),『椿年画譜』(1829),『あずまの手ぶり』(同)などがある。

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大西椿年の関連キーワード小林椿岳鈴木百年没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android