コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西覚養 おおにし かくよう

1件 の用語解説(大西覚養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西覚養 おおにし-かくよう

?-1578 戦国-織豊時代の武将。
父の跡をつぎ,阿波(あわ)(徳島県)白地城主となる。長宗我部(ちょうそかべ)元親に敵対したため攻められ開城。のち元親に属し重清城にうつる。天正(てんしょう)6年1月勝瑞城主十河存保(そごう-ながやす)におそわれ戦死。名は覚用,角養,角用ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大西覚養の関連キーワード丸山城アビス朝尼子勝久高橋鑑種御館の乱世田谷ボロ市敷島製パン尼子勝久千宗旦ハーベー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone