御館の乱(読み)おたてのらん

百科事典マイペディアの解説

御館の乱【おたてのらん】

1578年上杉謙信の没後,その後継を謙信の養子上杉景勝(上田長尾氏の出身)と上杉景虎(相模小田原城主北条氏康の子)が争った戦乱。1580年に収束。景勝は謙信没後すぐに越後春日山城(現新潟県上越市)の本丸実(み)城に入り,二ノ丸に居た景虎は御館(前関東管領上杉憲政の居館)に移って対峙する。初め謙信旗本衆の多くが支持した景虎が優勢。しかし北条氏政(景虎の兄)の要請で景虎救援に出兵した甲斐武田勝頼が景勝と和睦,その後は景勝が徐々に軍事的優位を確立。1579年仲裁を企図した上杉憲政が景勝の兵に殺され,景虎も小田原への脱出を試みたが,失敗して自刃。景虎方の国人は以後も抗戦したが,1580年に平定。勝利した景勝は上田衆を中心に家臣団を再編,領国統治の基盤を確立。
→関連項目沼垂厩橋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おたてのらん【御館の乱】

1578‐80年(天正6‐8),越後国で起きた戦乱。1578年3月,越後の戦国大名上杉謙信が急死すると,その跡目をめぐって上杉景勝と上杉景虎の2派が抗争した。景勝は同国魚沼郡上田庄の長尾氏出身で,上田衆とよばれる旧臣らに擁立され,景虎は生家の北条氏政らの後援と蒲原郡三条の神余親綱,古志郡栃尾の本庄秀綱など謙信旗本の一部有力者に支持された。5月から戦闘が始まると春日山城による景勝に対抗して,景虎は前関東管領上杉憲政の居館“御館”にこもった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御館の乱の言及

【越後国】より

…養子景勝と同景虎の跡目争いという形ではあったが,景勝にはその出身地上田の諸士,景虎には謙信政権では主流であった古志・蒲原勢力が中心となって景勝方と抗争した。御館(おたて)の乱とよばれる両勢力の抗争は2年後には景勝側の勝利となって終わり,景勝は,執政に直江兼続を起用してしだいに権勢を強化したが,景勝政権もまた試練を強いられた。まず,北陸の一向一揆を追って北上した信長軍は,越中の越後境にまで軍を進め,信濃からとあいまって越後に圧迫を加えていた。…

※「御館の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android