コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御館の乱 おたてのらん

百科事典マイペディアの解説

御館の乱【おたてのらん】

1578年上杉謙信の没後,その後継を謙信の養子上杉景勝(上田長尾氏の出身)と上杉景虎(相模小田原城主北条氏康の子)が争った戦乱。1580年に収束。景勝は謙信没後すぐに越後春日山城(現新潟県上越市)の本丸実(み)城に入り,二ノ丸に居た景虎は御館(前関東管領上杉憲政の居館)に移って対峙する。
→関連項目沼垂厩橋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おたてのらん【御館の乱】

1578‐80年(天正6‐8),越後国で起きた戦乱。1578年3月,越後の戦国大名上杉謙信が急死すると,その跡目をめぐって上杉景勝と上杉景虎の2派が抗争した。景勝は同国魚沼郡上田庄の長尾氏出身で,上田衆とよばれる旧臣らに擁立され,景虎は生家の北条氏政らの後援と蒲原郡三条の神余親綱,古志郡栃尾の本庄秀綱など謙信旗本の一部有力者に支持された。5月から戦闘が始まると春日山城による景勝に対抗して,景虎は前関東管領上杉憲政の居館“御館”にこもった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の御館の乱の言及

【越後国】より

…養子景勝と同景虎の跡目争いという形ではあったが,景勝にはその出身地上田の諸士,景虎には謙信政権では主流であった古志・蒲原勢力が中心となって景勝方と抗争した。御館(おたて)の乱とよばれる両勢力の抗争は2年後には景勝側の勝利となって終わり,景勝は,執政に直江兼続を起用してしだいに権勢を強化したが,景勝政権もまた試練を強いられた。まず,北陸の一向一揆を追って北上した信長軍は,越中の越後境にまで軍を進め,信濃からとあいまって越後に圧迫を加えていた。…

※「御館の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御館の乱の関連キーワード新発田重家五十公野城上越[市]本庄繁長本与板城蘆名盛氏名胡桃城琵琶島城鮫ヶ尾城武田勝頼直江兼続白井城栖吉城沼田城津川城上条城栃尾城鳥坂城飯山城与板城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御館の乱の関連情報