コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷幸蔵 おおたに こうぞう

2件 の用語解説(大谷幸蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷幸蔵 おおたに-こうぞう

1825-1887 幕末-明治時代の商人。
文政8年5月生まれ。信濃(しなの)(長野県)の農家に生まれ,江戸で紬(つむぎ)を販売して成功をおさめ大黒屋と称した。明治2年松代商法会社を創設して蚕種業をおこす。4度イタリアにわたって,蚕種輸出につくした。明治20年4月6日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大谷幸蔵

没年:明治20.4.6(1887)
生年:文政8.5(1825)
幕末・明治期の蚕種商。信濃国更級郡羽尾村(長野県戸倉町)の有力農家に巳代蔵・コノの子として生まれる。幼くして父をなくしたうえ,若気によって博徒となり,大谷家は没落寸前となった。思い直して家を再興するため,地元で産出された紬織物の商いを始め,江戸に売り込んだ。屋号を大黒屋と称し,松代藩の専売制実施の際にも登用された。開港後,蚕種取引に乗り出し,明治3(1870)年から同13年まで4回イタリアに渡って蚕種販売を試みた。同3年の洋行中,松代騒動が発生し,藩側の立場にあったため自邸も農民の焼き打ちにあった。商才にたけていたが,晩年は不遇であったといわれ,またさまざまに評価されている人物である。<参考文献>尾崎章一『蚕界偉人大谷幸蔵』,吉永昭「松代商法会社の研究」(『社会経済史学』23巻3号),『信濃蚕糸業史』上

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷幸蔵の関連キーワード蚕種原蚕信濃路磯部陸治小平甚右衛門清水内蔵之助塚田与右衛門松永伍作村上信貞路健

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone