コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷徳次(初代) おおたに とくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷徳次(初代) おおたに-とくじ

1756-1807 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦6年生まれ。竹本繁太夫の子。3代大谷広次の門弟で,明和7年江戸で初舞台。初代嵐音八以来の道外方(どうけがた)の上手として知られた。のち京坂の舞台で活躍。文化4年7月17日死去。52歳。俳名は都町,馬十。屋号は田村屋,丸屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大谷徳次(初代)の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)植崎九八郎バープレンクアメリカ美術瀬川菊之丞

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android