コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷木醇堂 おおやぎ じゅんどう

1件 の用語解説(大谷木醇堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷木醇堂 おおやぎ-じゅんどう

1838-1897 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)9年1月18日生まれ。幕臣。昌平黌(しょうへいこう)で松崎柳浪(りゅうろう)にまなぶ。のち昌平黌の准博士となり,維新後は私塾をひらく。「醇堂叢稿」「醇堂漫筆」「灯前一睡夢」などおおくの随筆,雑著をあらわした。明治30年3月14日死去。60歳。江戸出身。名は季純,のち季良。字は忠醇。通称は源太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷木醇堂の関連キーワードフィリピン革命岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教ティボー後藤象二郎町田久成

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷木醇堂の関連情報