大谷木醇堂(読み)おおやぎ じゅんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷木醇堂 おおやぎ-じゅんどう

1838-1897 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)9年1月18日生まれ。幕臣。昌平黌(しょうへいこう)で松崎柳浪(りゅうろう)にまなぶ。のち昌平黌の准博士となり,維新後は私塾をひらく。「醇堂叢稿」「醇堂漫筆」「灯前一睡夢」などおおくの随筆,雑著をあらわした。明治30年3月14日死去。60歳。江戸出身。名は季純,のち季良。字は忠醇。通称は源太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android