コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷船山 おおや せんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷船山 おおや-せんざん

1853-1923 明治-大正時代の俳人。
嘉永(かえい)6年8月15日生まれ。樋野含斎(ひの-がんさい)らに儒学をまなぶ。明治17年松江に三州学舎(修道館の前身)を設立。新聞「日本」や俳誌ホトトギス」に投句し,その句は「新俳句」「春夏秋冬」に収載された。のち漁網染料などの化学製品をつくった。大正12年4月2日死去。71歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は績。著作に「船山句集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大谷船山の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android