樋野含斎(読み)ひの がんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「樋野含斎」の解説

樋野含斎 ひの-がんさい

?-1865 江戸時代後期の儒者。
出雲(いずも)(島根県)広瀬藩士。海野紫瀾(うんの-しらん),篠崎小竹(しのざき-しょうちく)にまなび,後藤松陰(しょういん)としたしくまじわる。晩年,伯耆(ほうき)(鳥取県)の淀江米子に郷校をひらいた。慶応元年8月8日死去。名は弘。字(あざな)は子毅。通称は多門。別号に松窓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android