春夏秋冬(読み)しゅんかしゅうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春夏秋冬
しゅんかしゅうとう

俳句選集。 1901~03年刊。春,夏,秋,冬と新年の4季4冊。正岡子規一門による『日本』派の句集で,子規が撰した春の部より刊行したが,続く3冊は子規の病状悪化のため河東 (かわひがし) 碧梧桐高浜虚子の両高弟が共撰した。全体に定型が守られ,穏やかな安定感に富む絵画的な句が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐か‐しゅう‐とう〔‐シウ‐〕【春夏秋冬】

1年の、四つの季節。四季
[補説]書名別項。→春夏秋冬

しゅんかしゅうとう【春夏秋冬】[書名]

正岡子規を中心とする日本派の代表的句集。4冊。明治34年(1901)子規編の春の部を発刊。夏の部以下は、明治36年(1903)までに高浜虚子河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)共編で刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんかしゅうとう【春夏秋冬】

四季。一年。

しゅんかしゅうとう【春夏秋冬】

俳句選集。1901年(明治34)~03年刊。日本派(正岡子規一門)が、明治30年以降の新聞「日本」などの俳句欄から選んだ句を、季節ごとに編集した選集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐か‐しゅう‐とう ‥シウ‥【春夏秋冬】

[1] 〘名〙 春と夏と秋と冬。四時。四季。
菅家後集(903頃)聴寺鐘「大奇春夏秋冬尽、為我終無抜苦声
[2] 俳句撰集。四冊。「新俳句」に次いで刊行された、正岡子規を中心とする日本派の代表的作品集。春の部は子規の撰で明治三四年(一九〇一)刊。夏・秋・冬の部は河東碧梧桐、高浜虚子共撰で同三五、六年刊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春夏秋冬の関連情報