新俳句(読み)シンハイク

大辞林 第三版の解説

しんはいく【新俳句】

旧来の月並み俳句と区別して、正岡子規を中心とする日本派の俳人が1897年(明治30)頃に唱えた新傾向の俳句。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐はいく【新俳句】

〘名〙 明治三〇年(一八九七)頃、正岡子規を中心とする日本派の俳人が、旧来の月並俳句と区別して唱えた、新傾向の俳句。
※俳句問答(1896)〈正岡子規〉「問 新俳句と月並俳句とは句作に差異あるものと考へらる。果して差異あらば新俳句は如何なる点を主眼とし月並句は如何なる点を主眼として句作するものなりや。答、新俳句とは新派俳句の事を謂ふか。新派にも種々あるべく我尽く之を知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android