コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大辟 タイヘキ

デジタル大辞泉の解説

たい‐へき【大×辟】

《「」は刑の意》重い刑罰。
「―を犯したるを頸銭(くびせん)にてわび言し」〈鑑草〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいへき【大辟】

〔「辟」は刑の意〕
重い刑罰。死刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大辟の言及

【刑罰】より

刑具裁判【平松 義郎】
[中国]
 《尚書》などの古典にみえる五刑の記録は,中国春秋時代以前の刑罰の状態をある程度伝えるものと考えられる。五刑とは黥(げい)(また墨(ぼく),顔面への入墨),劓(ぎ)(はなきり),刖(げつ)(また剕(ひ),あしきり),宮(きゆう)(男子は去勢,女子は幽閉),大辟(たいへき)(死刑)であり,生命刑と肉刑と称された身体刑(終身の強制労働をともなう)より成る。死刑の種類は,炮烙(ほうらく),焚(ふん)などの火刑をはじめ,烹(ほう)(かまゆで),車裂(また轘(かん)),支解(しかい)(四肢を断つ),腰斬(ようざん),磔(たく)(はりつけ),梟首(きようしゆ)(さらし首)など過酷なものも多い。…

※「大辟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辟の関連キーワード五刑死罪九刑死刑

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android