コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大迦葉 だいかしょう

百科事典マイペディアの解説

大迦葉【だいかしょう】

サンスクリットのマハー=カーシヤパの音写。釈迦の弟子。仏弟子となって8日目に悟ったと伝えられる。清廉な人格で,仏滅後,教団の統率者となり,王舎城で第1回目の仏典結集(けつじゅう)を行った。禅宗では頭陀(ずた)第一の人として特に尊信。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大迦葉の関連キーワードサンスクリット十六羅漢十八羅漢十大弟子祖師像阿難

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android