迦葉(読み)かしょう

精選版 日本国語大辞典 「迦葉」の意味・読み・例文・類語

かしょう カセフ【迦葉】

(Kāśyapa の音訳) 釈迦十大弟子一人頭陀第一(第一人者の意)と称せられた。釈迦の信頼が厚く、釈迦の入滅後、教団の統率者となり、経典結集(けつじゅう)した中心人物。他の同姓弟子と区別して摩訶(まか)迦葉、大迦葉とよばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「迦葉」の意味・読み・例文・類語

かしょう〔カセフ〕【迦葉】

《〈梵〉Kāśyapaの音写》前5世紀ごろの人。釈迦しゃか十大弟子の一人。頭陀ずだ第一といわれた。婆羅門バラモン出身で、釈迦の入滅後、教団を指導し、第1回の経典結集けつじゅうを行った。大迦葉。摩訶迦葉まかかしょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「迦葉」の意味・わかりやすい解説

迦葉
かしょう
Mahā-kāśyapa

インドの僧。摩訶迦葉,大迦葉ともいう。釈尊が悟りを開いてから3年目頃に弟子となった十大弟子の一人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android