迦葉(読み)カショウ

デジタル大辞泉「迦葉」の解説

かしょう〔カセフ〕【迦葉】

《〈Kāśyapaの音写》前5世紀ごろの人。釈迦しゃか十大弟子の一人。頭陀ずだ第一といわれた。婆羅門バラモンの出身で、釈迦の入滅後、教団を指導し、第1回の経典結集けつじゅうを行った。大迦葉摩訶迦葉まかかしょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「迦葉」の解説

かしょう カセフ【迦葉】

(Kāśyapa の音訳) 釈迦の十大弟子の一人。頭陀第一(第一人者)と称せられた。釈迦の信頼が厚く、釈迦の入滅後、教団の統率者となり、経典を結集(けつじゅう)した中心人物。他の同姓の弟子と区別して摩訶(まか)迦葉、大迦葉とよばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「迦葉」の解説

迦葉
かしょう
Mahā-kāśyapa

インド。摩訶迦葉,大迦葉ともいう。釈尊が悟りを開いてから3年目頃に弟子となった十大弟子の一人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android