大過(読み)タイカ

デジタル大辞泉の解説

たい‐か〔‐クワ〕【大過】

大きなあやまち。大変な失敗。「大過なく定年まで勤める」
きわめて大きいこと。
「陸奥(みちのく)と云ふは、如何ほどのひろき国ぞと問ひ給へば、―の国にて候」〈義経記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいか【大過】

大きなあやまち。ひどい失敗。 「 -なく過ごす」
非常に大きいこと。 「陸奥と云ふは、…、-の国にて候/義経記 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐か ‥クヮ【大過】

〘名〙
① (形動) (「太」とも) 程度がはなはだしいこと。大き過ぎたり多過ぎたりすること。また、そのさま。
※義経記(室町中か)一「陸奥と云ふは、如何ほどのひろき国ぞと問ひ給へば、大過の国にて候〈略〉と申す」
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「故に何ほど専精に心を用ふとも、これにて太過なりとすることなし」
② ひどい間違い。大きな誤り。大変な過失。〔文明本節用集(室町中)〕
※新聞雑誌‐二一号・明治四年(1871)一一月「街巷(ちまた)の評説不信と云ども其情実を論ずるに至らば大過なきに近からんか」 〔論語‐述而〕
③ 易の六十四卦の一つ。 上卦は兌(沢)、下卦は巽(風)。沢風大過ともいう。四陽が中に集まり、二陰が外にあるので、陽が盛大に過ぎるさま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大過の関連情報