コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野仲仟 おおのの なかち

1件 の用語解説(大野仲仟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野仲仟 おおのの-なかち

?-781 奈良時代の女官。
大野東人(あずまひと)の娘。藤原永手の妻。天平神護(てんぴょうじんご)2年称徳天皇の永手邸行幸に際し従四位下,神護景雲3年の行幸で正四位上となる。宝亀(ほうき)元年従三位,9年正三位にのぼる。尚侍(ないしのかみ)(内侍司長官)をつとめ,尚蔵(くらのかみ)(蔵司長官)をかねた。天応元年3月10日死去。名は中千,仲智ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大野仲仟の言及

【大野出目家】より

…近世世襲能面作家の家系。三光坊の弟子大光坊幸賢に教えをうけた是閑(ぜかん)吉満(1616没)が初代とされ,彼が越前大野(現,福井県大野市)に住していたので,出目本家と区別して大野出目家といわれる。彼はのちに京都に移るが,河内家重,古源助らとともに近世初頭の名工といわれた。2代は友閑満庸,3代は助左衛門を称し,4代洞白満喬は初め越前出目家代元休満永の弟子であったが,この家の養子となり,天下一備後掾を称した。…

※「大野仲仟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大野仲仟の関連キーワード為奈玉足凡河内田道河辺東人佐伯東人妻酒人刀自古島姫藤原春蓮藤原綱手三田兄人三田塩籠

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone