コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野允子 おおの みつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野允子 おおの-みつこ

1931- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和6年8月30日生まれ。昭和20年の原爆投下時,学徒動員で広島市郊外にいて被爆をまぬがれる。郷里広島市で高校教師をつとめたのち,創作専念。「つるのとぶ日」(共著,39年児童福祉文化賞),「海に立つにじ」「夕焼けの記憶」などをかき,原爆の意味をといつづける。広島大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大野允子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android