大野恥堂(読み)おおの ちどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野恥堂 おおの-ちどう

1807-1884 江戸後期-明治時代の儒者。
文化4年生まれ。越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩につかえる。丹羽思亭にまなび,私塾絆己楼(はんきろう)をひらく。のち藩学教授格。尊王攘夷(じょうい)をとなえた。明治17年3月14日死去。78歳。名は紳。字(あざな)は垂卿。通称は敬吉。別号に脩斎。著作に「国体論」「神風実記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android