コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陸の成長 たいりくのせいちょうcontinental accretion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大陸の成長
たいりくのせいちょう
continental accretion

大陸の一般的な地質は,先カンブリア時代岩石が中央に核のような形 (楯状地 ) で分布し,その周辺部に古生代中生代新生代造山帯が分布する。また先カンブリア時代の分布地域内でも,中央部に古い時代の岩石が分布し,順次新しい年代を示す岩石が発達する。これは地向斜が形成され,造山運動によって山脈化し,その外側に新しい地向斜ができ,また山脈化するという一連の運動が何回も繰返されて,次第に大陸が成長したとみられる。北アメリカ大陸などは,このような変遷が典型的にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大陸の成長の関連キーワードプレートテクトニクス安定陸塊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android