大陸の成長(読み)たいりくのせいちょう(英語表記)continental accretion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大陸の成長」の解説

大陸の成長
たいりくのせいちょう
continental accretion

大陸の一般的な地質は,先カンブリア時代の岩石が中央にのような形 (楯状地 ) で分布し,その周辺部に古生代中生代,新生代の造山帯が分布する。また先カンブリア時代の分布地域内でも,中央部に古い時代の岩石が分布し,順次新しい年代を示す岩石が発達する。これは地向斜が形成され,造山運動によって山脈化し,その外側に新しい地向斜ができ,また山脈化するという一連の運動が何回も繰返されて,次第に大陸が成長したとみられる。北アメリカ大陸などは,このような変遷が典型的にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android