大雨特別警報(読み)オオアメトクベツケイホウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大雨特別警報

数十年に一度の降雨量が予想される場合に気象庁が発表する。2013年運用開始。広範囲で、3時間降水量もしくは48時間降水量、および土壌雨量指数が「50年に一度」の指標を超えた場合に出される。高知市の48時間降水量の指標の平均値は1062ミリ、本山町1025ミリなど。今回特別警報が出された大月町の3時間降水量の平均値は163ミリ、宿毛市は167ミリだった。

(2018-07-10 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大雨特別警報の関連情報