川崎長太郎(読み)かわさきちょうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川崎長太郎
かわさきちょうたろう

[生]1901.11.26. 小田原
[没]1985.11.6. 小田原
小説家。県立小田原中学校中退。廃屋に住み,私娼窟に材をとった連作を書くなど,超俗の姿勢で,私小説の透徹した作風を守った。代表作『路草 (みちくさ) 』 (1934) ,『抹香町 (まっこうちょう) 』 (50) 。 1981年文部大臣賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

川崎長太郎【かわさきちょうたろう】

小説家。神奈川県生れ。小田原中学中退。萩原恭次郎らと《赤と黒》を創刊(1923年)するなどアナーキスト系,ダダイスト系の詩人として出発したが,関東大震災後それらの動きを離れ,小説《無題》(1925年)を発表。その後,小田原の私娼窟に材をとった《抹香町》(1950年)などの連作でブームを呼ぶ。一生〈私小説〉という文学形式に徹した。他に《夕映え》(1983年)など。1977年に菊地寛賞を受賞している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎長太郎 かわさき-ちょうたろう

1901-1985 大正-昭和時代の小説家。
明治34年11月26日生まれ。大正12年岡本潤らと詩誌「赤と黒」を創刊。14年初の小説「無題」で文壇にみとめられる。戦後は郷里の神奈川県小田原の娼婦とのかかわりをえがいた「抹香町(まっこうちょう)」などの私小説を発表。昭和52年菊池寛賞。昭和60年11月6日死去。83歳。作品はほかに「裸木」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川崎長太郎
かわさきちょうたろう
(1901―1985)

小説家。神奈川県生まれ。中学中退。家業の魚屋を手伝ったりするかたわら、『民衆』の同人になり、詩などを発表したりした。1922年(大正11)上京、翌年岡本潤(じゅん)らと詩誌『赤と黒』を創刊し、アナーキーな詩を発表していたが、関東大震災後、無政府主義の運動から離れ、25年、徳田秋声(しゅうせい)の世話で私小説『無題』を発表して文壇に認められた。その後プロレタリア文学の台頭などのために長らく不遇であったが、第二次世界大戦が終わって、『抹香町(まっこうちょう)』(1950)などの小田原の娼婦(しょうふ)との交渉を素材とした作品を書き、ブームを巻き起こすに至った。私小説に徹した作家の一人である。[大森澄雄]
『『川崎長太郎自選全集』全5巻(1980・河出書房新社) ▽大森澄雄著「川崎長太郎」(『私小説作家研究』所収・1982・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android