コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大音青山 おおおと せいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大音青山 おおおと-せいざん

1817-1886 幕末-明治時代の武士。
文化14年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩家老。藩政を改革し,蘭学や西洋兵術を導入。佐幕派の圧迫で引退したが,元治(げんじ)元年復職し藩論を尊王にみちびく。慶応元年ふたたび藩論がかわり辞職。維新後,福岡藩大参事となる。明治19年4月19日死去。70歳。通称は伊織,一能,因幡

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大音青山の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android