天の御蔭(読み)あまのみかげ

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 御蔭(みかげ)

(天(てん)をおおって蔭を作ることから) 壮大な宮殿。天皇の御殿。天の八十蔭。
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「皇御孫命の瑞(みづ)の御舎(みあらか)を仕奉(つかむまつ)りて天御蔭(アマノミカゲ)日御蔭と隠れ坐(ま)して」

あめの【天の】 御蔭(みかげ)

※万葉(8C後)一・五二「高知るや 天之御蔭 天知るや 日の御蔭の 水こそば 常にあらめ 御井のま清水」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android