天の益人(読み)あまのますひと

大辞林 第三版の解説

あまのますひと【天の益人】

〔「益人」は増えていく人の意〕
人民。 「国中に成り出でむ-らが/祝詞 六月晦大祓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 益人(ますひと)

① 一人前の立派な人。
※延喜式(927)祝詞(出雲板訓)「安国と、平らけく知し食さむ国中に、成出(なりい)でむ天之益人(あまのマスヒト)等が過ち犯しけむ雑雑の罪事は」
② (「天の」は「天つ神の意による」の意) 数が増して栄える人民。百姓
※神皇正統記(1339‐43)上「陰神うらみて『此国の人を一日に千頭ころすべし』との給ければ、陽神は『千五百頭を生べし』との給けり。よりて百姓をば天の益人(マスひと)とも云」

あめの【天の】 益人(ますひと・ましひと)

※聞書集(12C後)「うきよとて月すまずなることもあらばいかにかすべきあめのまし人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android