天中軒雲月(初代)(読み)てんちゅうけん うんげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天中軒雲月(初代) てんちゅうけん-うんげつ

1895-1945 明治-昭和時代前期の浪曲師。
明治28年3月生まれ。13歳で真打となる。明治44年九州より上京し,翌年両国国技館の浪曲大会に出演,天才少年と評判をよぶ。おもに桃中軒雲右衛門の演目を演じ,雲月節といわれ人気をあつめた。浪曲第2期黄金時代四天王のひとり。昭和20年4月6日死去。51歳。佐賀県出身。本名は原田定治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android