真打(読み)シンウチ

  • 真打/心打

デジタル大辞泉の解説

寄席で最後に出演する、技量が最上級の人。また、落語家・講談師などの最高の資格。しん。→前座二つ目
(比喩的に)もっとも実力や人気のある人。「一発サヨナラの場面で真打登場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

落語,講談などの一座主任,またはその格式ある者をさす。この語は,天保(1830‐44)ごろから使用されるようになった。現在は,前座,二つ目,真打と昇進するが,大正時代までは,二つ目の古参で真打目前の者を三つ目,準真打と称した。真打は,落語家などにとっての最高位にあたるが,昭和50年代に入り,東京落語界では,大量の真打を昇進させる現象がつづき,それが落語界内部でも問題となった。また東京漫才界でも真打制度をつくるなど,〈真打〉の持つ意味は少しずつ変わりつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落語、講談などの興行の主任のこと。その資格をもつ位(くらい)をも含めて真打という。天保(てんぽう)年間(1830~44)から使われており、前座、二つ目を経て真打に昇進し、「師匠」とよばれるようになる。大正時代まで三つ目という呼称もあった。前座から真打になるまで10年から20年の歳月を要する。真打のなかでも大幹部のことを「大真打(おおしんうち)」「大看板(おおかんばん)」「一枚看板」などともいう。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真打の関連情報