コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天体光度計 てんたいこうどけいcelestial photometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天体光度計
てんたいこうどけい
celestial photometer

天体の光の強さをはかる装置。すでに光度のわかっている光源からの光と比較し,距離の加減,不透明度を漸増的に変えたフィルムなど光学的楔 (くさび) の挿入,あるいは偏光板の使用などによって,両者の明るさが等しくなったときの諸条件から天体の光度を計算するものが多い。ほかに光電管を用いた光電光度計写真乾板感光を利用した測微光度計などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android