感光(読み)かんこう(英語表記)response to light

デジタル大辞泉の解説

かん‐こう〔‐クワウ〕【感光】

[名](スル)物質が光を受けて反応し、化学変化を起こすこと。「フィルムが感光する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

感光【かんこう】

光の照射によって物理的・化学的変化が起こる現象。写真感光材料に光が当たると,写真乳剤中のハロゲン化銀の結晶粒子の不完全な個所を中心(感光核)として銀原子が生成され,これがある大きさ以上になって潜像を形成する。→感光度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんこう【感光】

一般に光の照射を受けた物体あるいは化学物質が物理的性質や化学的性質の変化を起こす現象をいう。印刷物織物の色材が光の作用によって変色,退色する現象や,ガラス,岩塩などが放射線照射によって着色する現象も広義に感光と考えられる。光の作用によって起こる物質の変化はいろいろな形で人間生活に利用されており,とくに光によって画像をつくったり,これを記録として残すという考え方はテレビジョン,写真および映画で実現されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんこう【感光】

( 名 ) スル
物質が光をうけて反応し、化学的変化を起こすこと。 「フィルムが-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐こう ‥クヮウ【感光】

〘名〙 物質が光をうけて、化学的変化をおこすこと。光線に感応して変化すること。
※機械(1930)〈横光利一〉「重クロム酸アンモニアで塗りつめた金属板を日光に曝して、感光させたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感光の関連情報