感光(読み)かんこう

デジタル大辞泉「感光」の解説

かん‐こう〔‐クワウ〕【感光】

[名](スル)物質が光を受けて反応し、化学変化を起こすこと。「フィルムが感光する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「感光」の解説

かん‐こう ‥クヮウ【感光】

〘名〙 物質が光をうけて、化学的変化をおこすこと。光線に感応して変化すること。
※機械(1930)〈横光利一〉「重クロム酸アンモニアで塗りつめた金属板を日光に曝して、感光させたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「感光」の解説

かんこう【感光】

一般に光の照射を受けた物体あるいは化学物質が物理的性質や化学的性質の変化を起こす現象をいう。印刷物や織物の色材が光の作用によって変色,退色する現象や,ガラス,岩塩などが放射線照射によって着色する現象も広義に感光と考えられる。光の作用によって起こる物質の変化はいろいろな形で人間生活に利用されており,とくに光によって画像をつくったり,これを記録として残すという考え方はテレビジョン,写真および映画で実現されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android