コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏光板 へんこうばんpolarizing plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偏光板
へんこうばん
polarizing plate

光が電気石やヘラパタイト結晶を通ると,常光線と異常光線とで吸収される量が違うので,透過光は偏光を示す。このように透過光が偏光を示す平板を偏光板という。ラミー繊維が一定方向に配列したすきまにヨウ素が吸着されると偏光子の性質をもつ。この性質を利用して,安価で広面積の偏光板がつくられ,広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へんこう‐ばん〔ヘンクワウ‐〕【偏光板】

光を偏光させたり、偏光を検出したりするのに用いる薄板

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんこうばん【偏光板】

直線偏光を得たり偏光の有無を調べたりするのに用いる薄板。光の偏光状態で結晶の吸収が異なる性質を利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偏光板
へんこうばん
polarizing plate

人工的につくられた偏光を取り出す板。自然光を入射したとき、透過光が直線偏光、円偏光、楕円(だえん)偏光になるものに分けられる。直線偏光を得るものでもっとも広く用いられているのは、互いに垂直方向に振動する光に対する吸収の異方性(二色性という)を利用し、一方の光を吸収してしまうものである。円偏光、楕円偏光を得るものは、入射光に対して直線偏光板、波長板がこの順に貼(は)り合わされた形になっている。ここでいう波長板とは、互いに垂直な二つの主軸方向に振動する直線偏光がこの板を通ったとき、二つの直線偏光の間に決められた値の光路差を生じるような厚さをもつものである。光路差が4分の1波長になる厚さdをもつ波長板(これを4分の1波長板という)を、その主軸が直線偏光の振動方向に対して45度をなすように配置すると、透過光は円偏光になる。入射光の波長、波長板の厚さ、主軸方向を変えると、任意の楕円偏光をつくることができる。偏光板は、入射偏光の振動方向など偏光の特性を調べる検光子としても用いられ、ポーラロイドがよく知られている。[田中俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の偏光板の言及

【偏光器】より

…自然光の中から特定の振動方向をもつ直線偏光を取り出す光学素子を偏光子polarizer,または偏光板という。そして,同一素子であるが,それを回転することにより入射した直線偏光の振動方向を知る目的に使う場合にこれを検光子analyzerという。…

※「偏光板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

偏光板の関連キーワードエドウィン・ハーバート ランドエレクトロクロミック表示装置MEMSディスプレー部分制御バックライトディスプレー(工学)偏光フィルム用色素CPLフィルター液晶ディスプレーアイソレーター偏光フィルターフジプレアム太陽観測装置偏光ガラス液晶パネル薄型テレビ二色性色素偏光顕微鏡天体光度計TN液晶偏光器

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android