コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保一揆 てんぽういっき

1件 の用語解説(天保一揆の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

天保一揆

 1831年に山口県全域でおこった農民の反乱(一揆[いっき])です。山口市の小鯖が発生源で、石見屋嘉右衛門[いわみやかえもん]という商人が駕籠[かご]の中に犬の皮をしいていたのを農民に見つかったことがはじまりです。これは、稲穂が出る頃に田のそばを皮革類が通れば天気がくずれるという迷信によるものです。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

天保一揆の関連キーワードゴローニンメイランペドロ帰国事業と日本人妻在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業荒木寛畝ガイアナ喜撰気比神宮ゲベール銃

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone