コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保組 てんぽうぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天保組
てんぽうぐみ

箏曲の分類名称。江戸時代末期の天保 (1830~44) の頃,光崎検校箏曲復古運動を唱えて作曲した新形式の箏の組歌。実際には『秋風の曲』1曲。天保8 (37) 年に『箏曲秘譜』としてその楽譜が出版され,その序の筆者高向山人の作詞か。『長恨歌』を題材にし,「秋風調子」 (ミ・み・ら・し・ド・ミ・♯ファ・ラ・シ・ド・ミ・♯ファ・ラ) という特殊な調弦によっている。前弾は『六段の調』と拍節数が一致し,両曲の合奏が可能。なお,光崎作曲の『五段砧』も,組歌の「付物」の器楽曲的なものと考えれば,広義の天保組に入る。天保組の復古精神は,のちの吉沢検校の「古今組」に受継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android